カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
鳥井金網工芸 ステンレス製コーヒードリッパー
5,940円(税440円)
購入数

tk-coffee
鳥井金網工芸 ステンレス製コーヒードリッパー
5,940円(税440円)
鳥井金網工芸<br />
京都は佛光寺のほど近くに工房を構える鳥井金網工芸。京都の美意識の中から生まれた金網工芸は、もともと社寺の建物などに見られる鳩よけや灯籠の外張りになどに使われていたのが始まり。京都ならではの社寺の多さがその技術をさらに高めることとなりました。

商品説明


手編みにより一本一本仕上げていく鳥井金網工芸のステンレス製コーヒードリッパー。亀甲模様の美しさから手仕事の暖かさが伝わってきます。ドリッパーの底には、菊の紋様のように編んでいく「菊出し」という技術が用いられています。柄の部分には黒檀を使い定番の茶こしとのデザイン性を分けています。と言っても、底の部分が円錐形になっているか、丸型かという違いだけであり、このドリッパーを茶こしとして紅茶を愉しんでいただくことも出来ます。



コーヒードリッパー使い方


使い方は、約10gの中挽き〜粗挽きのコーヒー豆をドリッパーへ入れてカップにセットしたらお湯をゆっくりと注いでください。そのまま分量のお湯を注いで3分ほど待っていただいても抽出できますが、エグみが少し出るのでゆっくりとお湯を回し入れると美味しく淹れることが出来ます。
中網は張替えが可能です(別途要)






持ち手イメージ


サイズは珈琲一杯分を落とすにはちょうどいいサイズ。持ちての黒檀がいいアクセントになり、ただ仕舞っておくよりも、見せる収納として飾るのもおすすめ。






コーヒードリッパー


持ちての長さもしっかりあるので、写真のようなコーヒーカップだけではなくマグカップや、ティーパックで紅茶を淹れることも出来ます。







・サイズ:金網直径6.5×長さ17.5×高さ6.5cm
(手作りのため若干の個体差があります。)
・材質:ステンレス(枠)、黒檀(柄)
この商品を購入する